もう無理しんどい苦しい誰か助けて身の置き所がない助けて

スポンサーリンク
わからない
Pocket

したいことがわからない。

人の前でも顔が強張って笑顔になれない

愛想笑いも顔がひきつって上手く出来ない。

笑談してる人を見てると何が楽しいんだろって思ってしまう。

「こう言ったら相手は気が悪くならないかな?」

「こう言ったらこの人どう思うんだろう?」

「この返事で間違ってないかな?」

しんどい。心底しんどい。

こういう状態が続くと、言葉に出来ないし文章にもできない。

苦しいって涙が溢れるのに言葉で発せない言えない誰か助けて

思った事書いても誰も怒らないだろう。怒られないはずなのに書けない。

涙がボロボロ出てくるのに声が出せない言えないもうどうにもならない我慢限界助けて助けて

 

少し自分の事を吐露しようと思う。

普通そんな事するかな?って思うこと。

幼い頃母親はよく実家に帰っていた。その時一人では帰らず必ず私を同行させる。

そして必ず私はとてもイヤな思いをさせられる。

母親は、実の祖母に肩マッサージして貰いながら父親のことや祖父母の悪口を何時間も話す。

その時間は地獄。母には血の繋がりが無いのかもしれないが私の祖父母の悪口を言うのだから。

イヤだったのはそのマッサージの最中、

「この子、この前こんな悪いことをした」(小学生だった私は内容は覚えていない)

それをばあちゃんも同調して話を聞いていた

その時の2人の私を見る目

軽蔑するような蔑むような目

 

母親はどうして私の事を母方の祖母にそんな風に話すのか?

自分が何もかも悪いのだと思った悪かったと。

 

 

母親と父親が仲良くしている時はある。 それは朝。

今でならなんとなくその理由はわかる。(しょうもない奴らだ)

 

幼い頃弟と両親とランチをして映画を観に行ったことがある。

円卓のある中華料理店

弟と父親は酢豚を注文し、私も!と言ったら

 

母親が「あんたは頼んだらあかん黙っとき!」

「私ら、大学芋分けて食べます」

え・なんで?私も酢豚食べたい

始めての中華料理屋さん嬉しかったのに一緒に円卓で楽しく食べたかったのに

そして父親は顔色を変えて不機嫌になる。

店を出たあと

父親が「お前ら2人どうして注文せえへんかったんや!」

と睨まれる。

母親「私ら食べたくなかったから」

 

そして母親が私に耳打ちをする

「あの人な、値段書いてない店で頼め!頼め!言うて!財布の中身心配して食べられへんかった」

何なの?

(一般家庭で食べるのに困ってなんていない!いつもスーパーで大量に買い物してるやん)

万が一その時にお金が無かったのかもしれないけど

なら夫婦で話ししないのは何故なの?

 

私ってなに?

母親からは思うこと我慢させられて

父親から怒られのは何故?

 

今なら思う。こんな状態は変だと。

 

しかし、未だに思うことは言えない。

社会に出てからもその場にいる人の気持ちを読んで、その人が私に言って欲しい言葉が読める。

その言葉を私が口に出す。

当然その言葉は人の気持ち。

しんどい。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.